電話でお問い合わせ

平日 10:00 ~ 18:00

集客用ホームページ複数運用によるメリットとでメリット

# マーケティング

2021/11/10

集客用ホームページ複数運用によるメリットとでメリット

多くの事業を展開する企業が、それぞれの特徴を生かし複数ホームページを運用することは集客する上で大きなメリットがあります。

会社業績アップのためにホームページを運用し、集客を試みているけれど思うように集客ができないとお悩みではありませんか?

会社事業ごとにホームページを作成し複数運用する場合、メリットとデメリットがあります。メリットを生かし「見込み客」を呼び込むため、ホームページの複数運用で集客を始めましょう。

この記事では集客用ホームページの解説やホームページを複数運営することによるメリットとデメリットについてお話しします。また、集客用ホームページの効果的な運用で集客を成功させる方法についてもご紹介します。

 

集客用ホームページとは

集客用ホームページとは見込み客を集客するためのホームページを言います。

集客を目的とするホームページは、分かりやすく情報整理されたレイアウト・デザインのホームページであることはもちろん、お客様にとってメリット(悩み解決や購買欲求を満たすもの)が明確に提示されている内容でなくてはなりません。

集客用ホームページの目的

  • 特定キーワードで悩むお客様を集める
  • 集客したお客様の悩みを明確にする(ぼんやりと悩んでいることを再認識させる)
  • 解決方法を提示
  • 次へのアクション(行動)へ誘導する(サービスや商品購入)

アパレルや美容室などのビジュアル重視の業種を除いて、お客様(見込み客)は最新トレンドのビジュアルにデザインされたページや、よくわからない会社(お客様にとって)の会社案内を見たいわけでもありません。
お客様は悩みを解決するために、ホームページを訪問し、訪問先に悩みを解決するサービスや商品があれば行動します。集客用ホームページの役割を理解し集客用ホームページを作成しましょう。

ホームページ集客方法

集客用ホームページの集客方法には「無料」「有料」の二通りの対策があります。

『無料集客方法』(SEO施策)

  • 安定した集客ができるまでの時間:3~6ヶ月
  • ランニングコスト:ホームページ運営費用「ドメイン取得・運用費(ホームページURL)、サーバー使用代金」等

ホームページにSEO施策の上、検索エンジン(Google)に上位表示させトラフィック(訪問数・閲覧数)を増加させます。ランニングコストはホームページ運営費用で集客に関わる費用は「無料」です。※外部業者にSEO対策を依頼した場合は、別途費用が掛かります。

『有料集客方法』(リスティング広告)

  • 安定した集客ができるまでの時間:即効性があり、短時間で集客可能
  • ランニングコスト:ホームページ運営費用の他に広告費用が発生(月10~30万円)※事業規模により変動します。

リスティング広告(PPC広告)とは検索エンジンの検索結果にユーザーが検索したキーワードに連動した広告を掲載させることを言います。(ここで言う広告が会社ホームページです)検索ページ上部や最下部に配置されます。

無料、有料集客方法についてはケースバイケースで使い分けても良いでしょう。

ホームページ集客力

集客にはホームページ等を利用する「オンライン集客」と新聞広告などの「オフライン集客」があります。集客力で言えば「オンライン集客」が勝っていると言えます。

オンライン集客

  • 集客エリア:世界全体、主に日本全国
  • 集客期間:365日、24時間

オフライン集客

  • 集客エリア:広告配布地域のみ
  • 集客期間:広告配布時のみ

日本でオンライン(インターネット)を利用する人数は1億人を超えています。1億人の0.1%が会社のホームページを訪問したとしても10万人の計算です。

一方で、新聞広告やチラシ等のオフラインの場合、新聞購読者数が年々減少し、広告に目を通す人は更に減ることからホームページ集客力には及ばないと考えられます。

ですが、オフラインでの見込み客も存在することは事実です。

ですので、事業拡大や安定のための集客をするのなら、チラシにQRコードを掲載してホームページに誘導するといったようにオンラインとオフラインを連携させて集客することをおススメします。

ホームページSEO施策

集客用ホームページで安定した集客をするには、検索ページの1ページ目に上位表示(1~5位)させる必要があり、そのためにはSEO施策が必須です。SEO施策とは検索エンジンに好かれるホームページにすることを言います。

ホームページのSEO施策(Googleガイドラインに適した内容)

  • ホームページ訪問者にとって役立つ情報、有益な情報を提供しているか
  • ユーザビリティの意識(ホームページ訪問者にとってわかりやく、読みやすい)
  • 良質なコンテンツ(サービスや商品関連の専門的な内容)
  • キーワード(悩み)が自然に入っている(無意味なキーワードの繰り返しはNG)
  • ページ読み込みが早い
  • スマホへ対応している

集客用ホームページを運用する際は、SEO施策を意識しましょう。

 

集客用ホームページ複数運用のメリットとデメリット

会社の事業サービス、商品ごとに集客用ホームページを複数運用することは利益増大、顧客拡大につながるため、とても有効な方法です。しかし、集客用ホームページ複数運用にはメリットとデメリットがあることの認識が必要です。ホームページ複数運用のメリットを活かし、デメリットをカバーした上でホームページを運営するのであれば、安定した集客が可能です。安定した集客が実現すれば会社事業ごとの業績がアップにつながり、会社全体の経営を飛躍的に成長させるできます。

集客用ホームページ複数運用のメリット

会社で複数事業をしている場合、集客用ホームページでサービス、商品ごとのキーワード設定ができます。つまり、商品ごとの複数ホームページを運用することで会社本体への集客数がアップし、売り上げアップにもつながるというメリットがあります。

『(例)健康器具、サプリ販売、ジム運営事業会社の場合』

  • 健康器具(健康器具を使った体力作りというワード)
  • ダイエットサプリ(運動をせずにサプリで痩せたいというワード)
  • 健康維持のためのジム紹介(健康維持のためにジムに通いたいというワード)

それぞれ、集客用ホームページでキーワードが違うため、会社事業が「健康関連事業」であれば、三種類のホームページから集客できます。

単体ホームページで集客するとキーワードが多すぎて、見込み客が分散してしまいますが、集客用ホームページを複数運用することでキーワードに合った「濃い見込み客」を集客することができるのです。

集客用ホームページ複数運用のデメリット

集客用ホームページ複数運用には大きなメリットがありますが、デメリットもあります。

  • 最新の情報を発信するための管理が必要
  • 常時ホームページ手入れ作業の必要があり、会社内web担当者の負担が大きくなる。

ホームページの保守、点検、更新を怠るとお客様からの信頼も失う可能性もあり、集客に影響が出ます。

集客用ホームページ複数運用のデメリットをカバーするために、外部集客ホームページ制作会社に依頼することをおススメします。会社内web担当者は定期的にホームページ制作会社と打ち合わせや、ホームページをチェックするだけで済みますので負担が減ります。

自社で集客用ホームページを複数運用管理する手間を考えれば、必要経費として専門業者に依頼するのも一つの方法です。

 

ホームページを効果的に運用し集客を成功させましょう

集客用ホームページを複数運営することで、会社事業ごとに見込み客の集客ができます。

SEO施策、保守、更新など、ホームページを最新の状態で運営を続ける難しさはありますが、ホームページ制作会社を利用することで安定した集客が見込め、会社事業全体的の経営に大きな利益をもたらすことにもなります。

集客ホームページを効果的に運用し、集客を成功させましょう!

お問い合わせはこちら 052-218-2341

HP制作 相談専用ダイアル

平日 10:00 ~ 18:00